Home » aitoseinokatachi-kanazawaniasobinikitajyoshidaisei-syojyonosei by Shiratori Reina
aitoseinokatachi-kanazawaniasobinikitajyoshidaisei-syojyonosei Shiratori Reina

aitoseinokatachi-kanazawaniasobinikitajyoshidaisei-syojyonosei

Shiratori Reina

Published
ISBN :
Kindle Edition
24 pages
Enter the sum

 About the Book 

金沢支店勤務の古池東京の元家庭教師の教え子色葉が金沢を訪ねてくるでものど黒になると違う地の魚という感じがする別名アカムツというんだよ古池の言葉そして天然の甘エビこれは美味い、本当に甘い鮑は輪島辺りで取れる鮑は少し固いが若い人にはなんでもなかった鰻の寿司が出される金沢にも鰻がいるのかでもよくよく考えると元々天然の鰻は少ない同じ養殖場の鰻が全国に出回っているのかもしれない歩いてゆくと噴水がある日本最古の噴水らしい上の霞が池から引いた水が吹き上がっているMore金沢支店勤務の古池東京の元家庭教師の教え子色葉が金沢を訪ねてくるでものど黒になると違う地の魚という感じがする別名アカムツというんだよ古池の言葉そして天然の甘エビこれは美味い、本当に甘い鮑は輪島辺りで取れる鮑は少し固いが若い2人にはなんでもなかった鰻の寿司が出される金沢にも鰻がいるのかでもよくよく考えると元々天然の鰻は少ない同じ養殖場の鰻が全国に出回っているのかもしれない歩いてゆくと噴水がある日本最古の噴水らしい上の霞が池から引いた水が吹き上がっているそこに鳥が止まる白鷺かまさに絵になる光景だ慌てて携帯の写真を撮ろうとするが遅すぎた羽ばたいてゆく鳥高台の見晴らしのいい場所古池は兼六園に来た時必ずここに来る其処から見える山、それが卯辰山だ暫く2人は卯辰山を見る処女の叫びアー血が飛び散る感じ処女膜の破裂でも実際飛ぶはずもない色葉の体内での膜の破損色葉は痛がる声を出しそして女になる色葉遠くに響くような声それと同時に色葉は処女膜を破る突き入れた感じ